【NFT銘柄のTOP5】稼ぐための仮想通貨を厳選して紹介します

NFT銘柄であれば、まだまだ稼ぐことも億り人になることも可能です。

そのためには、しっかりと可能性のあるNFT銘柄を選定することが必要不可欠になります。

しかし、実際に取引するにあたって

  • NFT銘柄がよくわからない
  • どの通貨で取引すればいいのだろう
  • 稼げる可能性のあるNFT銘柄を知りたい

などと思われてはいませんか?

今回の記事では、実際に今後が期待されるNFT銘柄を5つに限定して紹介します。

具体的には、

  • NFT銘柄ってなんのこと?
  • NFT銘柄を選ぶコツ
  • NFT銘柄今後が期待大なTOP5
  • NFT銘柄を扱っている取引所

の順にて、NFT銘柄の見極め方から扱っている取引所に関してまで解説します。

この記事を最後まで見れば、すぐにNFT銘柄で取引することができるようになりますので、是非最後までご覧ください!

目次

NFT銘柄ってなんのこと?

NFT銘柄とは、「NFTを作成できるブロックチェーンプラットフォーム上で発行された基軸通貨」になります。

そもそもNFTとは、Non-Fungible-Token(非代替性トークン)の略で、別の何かと替えることが不可能な唯一無二のデータのことを言います。

今までのデジタルのデータであれば簡単にコピーすることができ、複製されたものか本物であるかを見分けるのが困難でした。

しかし、NFTを使うことで唯一無二のデータとして存在することができ、希少性を出すことができます。

仮想通貨との違いは?

仮想通貨であれば、一つ一つの通貨に対して個人の識別することはできませんので、同価格帯でのみの取引になります。

しかし、NFT銘柄であれば個人の識別が可能のため、各々の通貨によって価値が変わってきます。

現在では、デジタルアートやデジタル上にある土地、音楽コンテンツ、ゲーム上のアイテムやアカウントで主に取引が行われております。

中にはtwitterのCEOであるJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏が、最初のツイートを291万ドル(約3億円)で販売するなど、高額な取引も行われました。

今後は、より様々な業種に渡って取引が行われることが期待でき、注目を集めております。

NFT銘柄を選ぶコツ

NFT銘柄は現状でも100種類以上存在します。100種類以上ある銘柄の中から1つずつ見て選ぶのはとても大変な作業です。

そこで、今後の期待値が高いNFT銘柄を選ぶコツを2つのポイントに絞って解説します。

  • 時価総額が高いか
  • 安定しているプラットフォームか

各々の特徴をしっかり見定めた上で、選ぶようにしましょう。

時価総額が高いか

NFT銘柄を選ぶ上では、時価総額が高いものを選ぶのがおすすめです。

NFT銘柄だけでなく仮想通貨はまだ歴史が浅く新しい投資になるため、安定性が低いとハイリスクハイリターンの投資になります。

特に、著しく低い時価総額の場合はギャンブルに近くなるため注意をしましょう。

時価総額があれば、需要とある程度の流通によって安定した取引を行うことができますので、確実に注目すべきポイントになります。

安定しているプラットフォームか

安定しているプラットフォーム上のNFT銘柄であるかによって、高値で取引できるかどうかが大きく変わります。

NFT銘柄といっても、そのものに価値がなければ高値で取引することはできないからです。

安定しているプラットフォームであれば、実際に注目している投資家や収集家が多く需要も集まりやすくなります。

また、プラットフォーム内においての流通が少なければ、価値はより上がりやすくなるので、将来的にも高値で売買できる可能性が高まります。

NFT銘柄今後が期待大なTOP5

今後に価値を期待できるNFT銘柄を、5つに限定してご紹介します。

 

 PancakeSwap/パンケーキスワップ(CAKE)

通貨名(単位):PancakeSwap/CAKE

時価ランク:40位(2021年5月)

通貨価格:1813円(2021年5月)

時価総額:27億900万ドル

PancakeSwapは分散型取引所であるDEXの1つになります。

PancakeSwapにて仮想通貨を交換もしくはプールしておくことで、CAKEトークンを手に入れることができます。

プロフィールに使用できるキャラクターの画像をNFTとして保有することができ、多くの取引がされている注目のトークンになります。

 

CHZ/チリーズ(Chiliz)

通貨名(単位):Chiliz/CHZ

時価ランク:58位(2021年5月)

通貨価格:30円(2021年5月)

時価総額:16億500万ドル

Chilizとは、スポーツクラブとファンとの交流の場や取り組みを提供しているプラットフォームです。

プラットフォームで使用されるファントークンの取引所として、「Chiliz Exchange」も提供しています。

 

Decentraland/ディセントラランド(MANA)

通貨名(単位):Decentraland/MANA

時価ランク:67位(2021年5月)

通貨価格:89円(2021年5月)

時価総額:13億1500万ドル

Decentralandは土地やアイテムを仮想空間上で生成することができるプラットフォームになります。

MANAによってNFTとして保有することができるので、Decentralandの土地であれば現実の不動産のように売買することも可能となります。

 

Enjin Coin/エンジンコイン(ENJ)

通貨名(単位):Enjin Coin/ENJ

時価ランク:72位(2021年5月)

通貨価格:155円(2021年5月)

時価総額:12億1000万ドル

Enjin CoinはオンラインゲームのプラットフォームであるEnjin Platformで使用することができます。

Enjin内でのアカウントからアイテムまでをNFTとして作成することができ、資産として保有することができます。

SAND/サンドボックス(TheSandBox)

通貨名(単位):Sand/SAND

時価ランク:148位(2021年5月)

通貨価格:35円(2021年5月)

時価総額:2億2800万ドル

TheSandBoxとは、仮想空間の土地である「LAND」で遊ぶ、ブロックチェーンゲームです。

作った新たなゲームやジオラマだけでなく、土地「LAND」の売買でも利益を得られます。

NFT銘柄を扱っている取引所

NFT銘柄を扱っている取引所はまだ多くはありません。しかし、今後は多くの取引所で取り扱われる可能性はありますので、期待して待ちましょう。

  • 国内の取引所
  • 海外の取引所

現在で取引可能な取引所をピックアップして紹介します。

国内の取引所

国内では、CoinCheck(コインチェック)で取引が可能です。

Enjin Coin(エンジンコイン)のみの取り扱いですが、安全に取引をしたい場合にオススメできる取引所になります。

NFT銘柄以外にも、16種類の仮想通貨を扱っています。

CoinCheck(コインチェック)公式サイト

海外の取引所

海外取引所であるBINANCE(バイナンス)であれば、その他のNFT銘柄の取引が可能になります。

国内の取引所と比べて 扱っている仮想通貨の種類も桁違いに多いので、様々な取引を楽しみたい方にはオススメの取引所になります。

BINANCE(バイナンス)公式サイト

まとめ

注目を集めているNFT銘柄から、おすすめを5つに限定して紹介しました、

確実に価格が上がるとは限りませんが、どれも将来性は大きく秘めている通貨になります。

今後もNFT銘柄はたくさん登場してくると思いますが、ただ注目されているという理由だけでなく、しっかりとその通貨やプラットフォームの将来性まで見極めた上で購入できれば大きく稼ぐこともできます。

まずは、紹介した5つの通貨を参考にNFT銘柄にチャレンジしてみましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる