バイナンススマートチェーンの使い方とイールドファーミングの始め方

バイナンススマートチェーンは、イーサリアム仮想マシーン(EVM)との互換性に特化していて、高速取引やガス代が安い点も魅力的なブロックチェーンです。

今回は、バイナンススマートチェーンの仕組みや設定方法、そしてイールドファーミングの始め方をご紹介します。

目次

バイナンススマートチェーンの特徴や仕組み

バイナンススマートチェーン(BSC)とは、BINANCEが立ち上げたブロックチェーンで、イーサリアム(ETH)と同じようにアプリケーション開発が可能です。

ETH上の分散型アプリケーションをBSCに移行することやDEXにおける高速取引は、ETHとの互換性により実現しました。

BSCは、トークン規格にしたがって取引することで、規格の違う仮想通貨同士を直接交換することができるようになります。

また、個々が自分のアドレスとプライベートキーを使って仮想通貨を取引することは、BSCの最大の特徴です。

そのため、自分の資産は自分で管理することとなり、全て自己責任で利用しなければなりません。

バイナンススマートチェーンとバイナンスチェーンは何が違うのか?

バイナンスチェーン

  • コンセンサス:DPoS(Delegated Proof of Stake)
  • バリデーター数:11
  • 平均ブロック数:1秒未満
  • プログラマビリティ:BEP

バイナンススマートチェーン

  • コンセンサス:PoSA(Proof of Staked Authority)
  • バリデーター数:〜21
  • 平均ブロック数:~5秒
  • プログラマビリティ:EVM互換のスマートコントラクト

    バイナンススマートチェーンは、バイナンスチェーンがオフラインでも稼働可能なブロックチェーンであり、この点が2つの大きな違いです。

    トークン規格 〜BEP2とBEP20の違い

    バイナンス・チェーン

    • トークン規格:BEP2
    • 取引:DEX取引
    • 取引所:分散型取引所

    バイナンス・スマート・チェーン

    • トークン規格:BEP20
    • 取引:DApps取引
    • 取引所:DAppsアプリケーション

    さまざまなアドレス規格があるので、BSCのクロスチェーン入金の際には外部プラットフォームの規格に合ったネットワーク選択をしてください。

    間違った規格を選択すると、仮想通貨を失ってしまうことになります。

    バイナンススマートチェーン対応のDEX取引所、Apps

    DEXとは、管理機関がなく自分のアドレスやプライベートキーを自身で管理するタイプの取引所です。

    イールドファーミングアグリゲーターとは、Defiサービスに仮想通貨を預けて得た金利や手数料収入を再投資して増やしていく「DeFi版投資信託」のようなものです。

    この仕組みを活用することで、その投資でどれだけ利益を上げたのかがわかります。

    バイナンススマートチェーン対応のDEX

    • DexGuru
    • 1inchi.Exchange
    • Dodo
    • IDEX
    • PancakeSwa
    • Multichain.xyz など

    DApps

    • Autofarm
    • Beefy Finance
    • Venus
    • PancakeSwap
    • BurgerSwap
    • cream など

    バイナンススマートチェーンを使ったイールドファーミング 〜流動性マイニングの特徴・仕組み

    イールドファーミングの仕組みは、分散型取引所(DEX)やDeFiに仮想通貨を預けることで、金利や提供量に応じた手数料などを得られるというものです。

    ユーザーはプラットフォームに、自身の資金を「1:1」で預けることでDApps上の独自通貨を得られますが、報酬は預けたトークン数量によって変わってきます。

    11」で預けるということは、例えばEllipsisのネイティブ・ユーティリティ・トークンであるEPSと、バイナンスコイン(BNB)など同じ価値の数量を預けることであり、それにより流動性プールトークンの「LPトークン」を獲得することができます。

    イールドファーミングを始める前に 〜Binance Chain Walletの設定

    イールドファーミングを始める前に、以下の準備が必要です。

    • バイナンススマートチェーンネットワークのウォレットを準備する
    • 自身の資産をバイナンススマートチェーンに移動する

    ネットワークのウォレットを準備する

    いくつかのBSCウォレットの中でも、おすすめはBinance Chain WalletMETAMASKです。今回は、Binance Chain Walletを設定します。

    以下のリンクからブラウザーに合わせた拡張アドオンをブラウザに追加します。

    Binance Chain Walletダウンロード:https://chrome.google.com/webstore/detail/binance-chain-wallet/fhbohimaelbohpjbbldcngcnapndodjp

    1. Binance Chain Walletの「ブラウザーの拡張機能」を押す
    2. I do not own wallet」を選択する
    3. パスワードを設定する
    4. 回復フレーズを「Click to copy」でコピーしておく(パスワードを紛失したなど、Binance Smart Chainの復元に回復フレーズが必要になります)
    5. Binance Chain Walletが作成されます

    Binance Chain Walletとアカウントを連携する

    1. Binance Chain Walletを起動する
    2. A」アカウントを押す
    3. 連携するアカウントを選択する
    4. Connect to Binance.com account」を押す
    5. バイナンスアカウントと連携されます

    バイナンススマートチェーンの使い方

    「Binance Chain Wallet」にアクセスするには、Binance Chain Walletの拡張機能を押し、自身のパスワードを入力してログインします。

    実際に入金や送金を行う際には、ネットワーク名を選択・切り替えをしていきますが、BSCで取引する場合には「Binance Smart Chain」を選択してください。

    DEX取引所でのトレードは「BEP2」規格のトークン、DAppsPancakeSwapなど)取引をするなら「BEP20」規格トークンを利用します。

    ウォレットアドレスの確認方法

    • Binance Chainネットワークを選択する
    • アドレスの右のボタンを押してコピー完了

    各ネットワークごとにアドレスが違うので、誤送信しないよう注意が必要です。

    • Binance Smart Chain:0xから始まるアドレス
    • Binance Chainbnbから始まるアドレス

    ウォレットの入出金方法

    送金方法

    1. バイナンスの現物ウォレット画面を表示する
    2. 「出金」を選択する
    3. 送金する仮想通貨を選択する
    4. Binance Chain Wallet(BEP20)のアドレスをペーストする
    5. バイナンススマートチェーン(BSC)を選択する
    6. 送金数量を指定する
    7. 「提出」を選択して、BSCへの送金手続きが完了します

    出金方法

    1. Binance Chain Wallet」にログインする
    2. Binance Smart Chain Network」に切り替える
    3. Send」を押す
    4. 出金する仮想通貨を選択する
    5. 送金先のアドレスを入力する
    6. 出金数量を指定する
    7. Send」を押して、Binance Chain Walletからの出金が完了します

    ウォレットを復元するには?

    復元には、Binance Chain Walletを設定した際にコピーした「回復フレーズ」が必要になります。

    1. BSCを起動する
    2. I own a wallet」を押す
    3. 「回復フレーズ」を入力する
    4. 新しいパスワードを設定して、Binance Chain Walletの復元が完了します

    イールドファーミングを始める 

    ①Swapで仮想通貨購入 〜LPトークン入手

    イールドファーミングを始める前に、預ける通貨ペアの選別と必要な仮想通貨を購入します。

    イールドファーミング初心者には、「BNB/BUSD」など通貨変動の少ない組み合わせがおすすめです。

    1. 「Trade」-「Exchange」を選択する
    2. 「Swap」を押す
    3. 支払い通貨を選択して、数量を指定する
    4. 購入したい通貨を選択して購入が完了します

    次に流動性を提供します。

    1. Liquidity」を押す
    2. 1つ目の流動性提供する通貨を選択
    3. 2つ目の流動性提供する通貨を選択
    4. 数量を指定する
    5. Approve 〇〇Supply」で「指定ペッグ」のLPトークンを入手できます

    ②Farmで指定ペッグのLPトークンを預ける

    「Farm」から指定ペッグのLPトークンを預けます。

    1. Farm」の指定ペッグへ進む
    2. 「コントラクトを承認」を選択して「Confirm」を押す
    3. Stake LP」を押す
    4. LPトークン数量を指定して「確定」すると、のファーミングがスタートします

    ③流動性マイニング報酬を獲得する

    1. 「Farm」からステーキングしている通貨を選択する
    2. 「収穫/Harvest」を押すと、流動性マイニング報酬を獲得できます

    BSCウォレット」にBNB資金がないと、収穫時に発生する手数料(ガス代)を支払うことができず、収穫することができなくなるのでご注意下さい。

    ④ファーミング中のLPトークンをステーキング解除したい場合

    指定した通貨のLPトークンステーキングの「ー」を押すと解除でき、流動性マイニング報酬も一緒に刈り取ることができます。

    収穫時に発生する手数料は、一定期間以上預けることで利益を出すことができます。

    ⑤提供しているLPトークンを回収したい場合

    流動性マイニング報酬の獲得後に提供しているLPトークンを回収する場合は、ステーキング解除をすると提供していたペッグ通貨がBSCのウォレットへ返却されます。

    1. LiquidityYour Liquidity」を押す
    2. Remove」を選択すると、提供しているLPトークンの回収が完了します

    まとめ

    今回は、バイナンススマートチェーンの仕組みや設定方法、そしてイールドファーミングの始め方をご紹介しました。

    イールドファーミングは年利が高く注目されている仕組みで、今後さらに発展していくと予想されます。

    仕組みを正しく理解して資産運用してみてはいかがでしょうか。

    よかったらシェアしてね!

    この記事を書いた人

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる