注目を浴びるCWS(Crowns)!用途や将来性に期待されている理由とは?

最近注目されている仮想通貨の1つに、CWS(Crowns)という銘柄があります。

上位の通貨と比べて成長途中ではありますが、プレセール時より20倍以上の価格となっています。

しかし、CWSは将来に期待できる仮想通貨なのか疑ってしまう方も少なくないでしょう。

今回はCWSの特徴や将来が期待される理由などについて解説します。

話題の仮想通貨に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

仮想通貨CWS(Crowns)の特徴

CWSはSeascape Network上で使用可能なトークンです。

Seascape Networkはゲーマーやゲーム開発者に継続的なインセンティブを発生させる目的で開発されたゲームプラットフォームになります。

現時点でERCとBSCに対応しているので、ユーザー間で通貨の送金ができます。

また、Seascape Network上でゲームを楽しむためにも必要な通貨です。

エコシステムの成長に合わせてCWSの用途も定期的にリリースされている予定です。

ロードマップを見てみると、2021年Q2に急騰しているPolkadotやKusamaと統合する予定となっており、幅広いチェーンに拡大していくと予想されます。

CWSが将来性を期待されている理由

CWSの時価総額ランキングは3桁台と低めで、ビットコインやイーサリアムなど上位通貨に比べてまだまだの順位です。

しかし、仮想通貨の種類は数千種類あると言われるので、CWSを下回る通貨はたくさんあります。

そう考えると、伸びしろがあることに期待している人は多いと言えるでしょう。

なぜCWSが仮想通貨投資家に注目されているのかは、それには様々な理由があります。

次にCWSが将来性を期待されている理由をご紹介します。

NFTに関連する銘柄である

CWSは、今注目を集めているNFTに関連する銘柄です。

NFTは「Non-Fungible Token」を略であり、非代替トークンと日本語訳されます。

簡単に言えば資産に関する鑑定書・所有証明書の役割を持つトークンです。

ブロックチェーン上で発行と流通が行われるので、コピーやハッキングは難しく、NFTの価値を高める要素となっています。

NFTはアートや音楽など様々なジャンルで普及していますが、ゲームとの相性も良いです。

ゲームの場合、例えば入手したアイテムやキャラクターなどがプレイヤー個人の資産となり、NFTとして発行されます。

本来のゲームでは同じキャラやアイテムの間に差はなく、どのユーザーが持っていても価値は変わりません。

しかし、NFTでは自身が持つキャラやアイテムといったデータがコピーできない価値のある個人財産となるので、同じ名前のアイテムでも異なり価値が生まれます。

そして、ブロックチェーン上で売買や交換が可能となるので、プレイヤーの利益創出へとつながります。

Seascape NetworkはNFTゲームのプラットフォームであるため、注目を浴びるプロジェクトです。

プラットフォームの利用するためにはCWSが必要となるので、プロジェクトの注目度に合わせてトークンの方にも期待の声があるのです。

バイナンスによる出資

CWSの開発元であるSeascapeは、バイナンスからの出資を受けています。

バイナンスは2017年7月に設立された仮想通貨取引所です。

設立から1年もせずに取引量と登録ユーザー数が世界一となり、通貨も200種類以上と世界最大級を誇ります。

海外の仮想通貨取引所ですが、日本語にも対応しているので日本のユーザーも多いです。

バイナンスといえば、これまでにたくさんのプロジェクトの精査を手掛けており、厳格な取引所として有名です。

CEOであるCZ氏は、「危険な草コインはいくら積まれても取り扱わない」旨をツイッターで発言しています。

そんなバイナンスが出資していることから、CWSに対する信頼性や期待を持つ人は多いのです。

今後、バイナンスにCWSが上場する可能性もあり得ます。

そうなれば、新規ホルダーの参入と流動性の向上といった期待も高まり、長期的に値上がりすると予想されます。

1つ懸念があるとすれば、上場が確実ではないという点です。

出資を受けているからと必ずしもバイナンスに上場するわけではなく、実際に前例もあるので、上場しない可能性も念頭に入れておきましょう。

それでも、NFT銘柄は今後に期待できると言えます。

バイナンスは独自のNFTプラットフォームを6月から開始することを発表しています。

その影響で、CWSを含めたNFT銘柄は再度注目を浴びることでしょう。

なお、Seascapeのパートナーはバイナンスだけではなく、Chainlinkなど複数の会社から支援を得ているので、かなり期待されていることが分かります。

投資家以外の参入もターゲットにしている

NFTを始めるためには、まず仮想通貨の購入方法やウォレットの使い方などたくさんのことを覚える必要があります。

そのため、仮想通貨に馴染みがない人は参入に敷居の高さを感じてしまいがちです。

しかし、Seascape NetworkではLPステーキングやマイニングといった複雑な仕組みは、シンプルで面白いゲーム形式となっています。

誰もが楽しく体験できることを目指しているので、仮想通貨投資家以外のゲーマーも参入しやすい仕組みとなっているのです。

すでに「Profit circus」や「NFTBrawl」、「Staking Saloon」というゲームがリリースされています。

これまでNFTを知らなかった人や参入しなかった人にもアプローチされているので、それが上手くいけばより多くの人を集められる可能性が高いです。

Seascape側もゲーム業界全体は年間1500億ドルを超える収益があり、その一部でも引き込むことができれば、DeFiやNFT市場をさらに拡大させられる可能性があると考えています。

CWSを購入するには?

今後価値が上がる可能性が高いCWSは、どのように入手すればいいのか分からない方も多いでしょう。

基本的には取引所で購入することになります。

CWSを購入できる取引所

CWSは2021年2月に分散型取引所のUniswapで取引が始まりました。

その後、PancakeSwapやGate.io、MXC、Kucoinでも上場されているので、この5ヶ所で購入が可能です。

基本的にどこで購入しても良いのですが、取引所によって手数料などが異なるので比較した上で自分に合った取引所を選ぶと良いです。

CWSの購入に必要なもの

仮想通貨を購入するにあたり、専用のWebウォレットへの登録が必要です。

CWSはERCに対応しているという特徴があります。

そのため、イーサリアムやイーサリアムベースのERC-20トークンの保管ができるMetamaskに登録しておきましょう。

CWSを買う際の注意点

偽のトークンに注意する

仮想通貨には類似するものが多く、中には知名度を利用して詐欺コインを販売するケースもあります。

特に情報が少ないマイナーなトークンは、偽物が出回りやすい傾向があります。

CWSは注目度に高い通貨である分、類似するトークンが出回っている可能性が高いです。

そのため、取引をする際は慎重に送金を判断することが大切です。

購入前にトークンのアドレスを確認する

偽物の購入を避けるために、Etherscanでトークンのアドレスを確認してみましょう。

Etherscanでは、イーサリアムやERC20トークンの取引履歴などを確認でき、違法行為と関わるトークンのアドレスを自動的にリストアップする機能があります。

送金アドレスの履歴を確認することで、安全な通貨かどうか確認することが可能です。

Uniswapのような分散型取引所では、誰でもERC20トークンの上場が可能な傾向にあるので中堅集権取引所と比べて詐欺通貨が出回るリスクも高まります。

損を被らないためにも、取引前に送金アドレスの情報から偽の通貨でないことを確認することをおすすめします。

 

今回はSeascape Network上で利用できる仮想通貨CWSをご紹介しました。

NFTを組み合わせたゲームプラットフォームは、ゲーム好きの投資家を中心に人気を集めています。

開発元はバイナンスなど複数の企業から出資を受けており、また投資家以外の人もターゲットにできることから、CWSは成長が見込まれています。

現段階では時価総額ランキングは上位には遠く及ばないものの、バイナンスへの上場実現やNFT市場の高まりなど様々な要素から価値は倍に増える可能性が高いです。

NFT銘柄に興味がある方は、今後もCWSの動向やロードマップなどに注目してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる