バイナンススマートチェーン(BSC)とは?バイナンスチェーンとの違い

バイナンススマートチェーン(BSC)は、DeFi(分散型金融)プラットフォームとして活用が拡がっている仮想通貨取引所BINANCEが2020年9月に立ち上げたブロックチェーンです。

今回は、最近話題になっているバイナンススマートチェーンとはどんなものなのか、既存のバイナンスチェーンとの違いなどについてご紹介します。

目次

バイナンススマートチェーン(BSC)の特徴

バイナンススマートチェーン(BSC)の特徴は

  • スマートコントラクト機能
  • イーサリアム仮想マシン(EVM)

との互換性に特化していることです。

バイナンスチェーンと非常によく似ていますが、BSCは独立したブロックチェーンです。

BSCは、バイナンスチェーンと並行して動作可能なため、レイヤー2オフチェーンスケーラビリティソリューションとは違い、バイナンスチェーンがオフラインになったとしても稼働することができます。

BSCでは、イーサリアム上のプロジェクトを簡単に移行できるようになりました。

これは、多くのイーサリアムツールとDAppsをBSCのローンチからサポートしていたからです。

仮想通貨専用のWebウォレット「メタマスク」などのアプリケーションを利用するユーザーは、BSCで機能するような設定が簡単な操作でできるようになります。

高い処理能力を持っているバイナンスチェーンの機能をそのままに、エコシステムにスマートコントラクトを導入することを目標に設計されたのが、バイナンススマートチェーン(BSC)なのです。

バイナンススマートチェーンの仕組み

コンセンサス・アルゴリズム

バイナンススマートチェーン(BSC)は、Proof of Staked Authority(PoSA)を使用しています。

PoA(Proof of Authority)とDPoS(Delegated Proof of Stake)を組み合わせることで、3秒に1回というブロック生成スピードを実現できました。

バリデーターになるには、参加者はバイナンスコイン(BNB)を保有する必要があります。

その保有量に応じた投票権を持ち、投票結果で上位の者がバリデーターとして選出される仕組みになっています。

バリデーターは、有効なブロック提案をした場合に、その取引に含まれる手数料を受け取ることができます。

BNBは他のプロトコルと違い、通貨の価値が下がらないため、ブロック報酬として手に入るBNBが新しく発行されるということはないです。

BNB発行枚数はバイナンスチームが四半期ごとに減らしているため、営業利益が増えるほど流通枚数は減っていき、希少価値が上がっていきます。

クロスチェーン対応

バイナンススマートチェーン(BSC)は、高速取引と分散型アプリケーションの構築を実現させることで、様々なユースケースに対応できるシステムとなりました。

既存のバイナンスチェーンの機能を活かしつつ、独立したシステムとして作られたBSCは、1つのブロックチェーンから別のブロックチェーンにスムーズに資産を移すというアイデアを実現したといえます。

例えば、BEP-20トークンはBSCに新しく導入されたもので、イーサリアムのERC20規格と同じ機能を持っています。バイナンスチェーンのBEP-2とBEP-8トークンはBEP-20トークンに交換が可能です。

ChromeFirefoxなどのブラウザの拡張機能であるバイナンスチェーンウォレットを使うことで、あるチェーンから別のチェーンへトークンの移動がシンプルに行えます。BEP-2からBEP-20、またその逆も可能になりました。

クロスチェーン取引ができるようになることで、ユーザーは取引所を通すことなく、別の種類の仮想通貨を簡単に交換することが可能になりました。

高速取引が可能なうえ、取引所を通すことなく別の種類の仮想通貨を簡単に交換できるようになることは、取引所のセキュリティ上のリスクを回避できるだけでなく、ユーザーにとっては、手数料を支払わなくても良くなるというメリットがあります。

 

バイナンススマートチェーンはなぜ登場したか?

バイナンスチェーンは、取引の高速化や資金を自分で管理する分散型取引をすすめることを目的に、2019年4月にBINANCEによって立ち上げられました。

バイナンスチェーンの分散型アプリケーションであるバイナンスDEXは、binance.org、もしくはBINANCEの公式暗号ウォレットであるトラストウォレットから使うことができる、最も大きな分散型取引所の1つです。

しかし、高速取引のため最適化されたシステムでのプロセスの自動実行は、ネットワークを混乱させる可能性があります。一時期、イーサリアムブロックチェーン上で電子猫を売買・収集して遊ぶクリプトキティーズというブロックチェーンゲームが流行りましたが、過熱しすぎてネットワークが停止になったことがあったのを覚えているでしょうか?

バイナンスチェーンは、ブロックチェーンシステムの制限に対応できるほど柔軟なものではありませんでした。そこで、システムの規模の変化に対応するためのブロックチェーンとして、バイナンススマートチェーン(BSC)の開発が行われたのです。

 

バイナンススマートチェーン上の分散型金融

バイナンスチェーン上では、デジタル資源であるビットコイン(BTCやイーサリアム(ETH、リップル(XRPなどが市場と同じ価格でトレードできるペギーコインとして存在しています。

  • ペギーコイン:ネイティブチェーン上の資産と、通貨レートを一定にしているトークン

例えば、BINANCEが発行したBTCBはBTCと連動しているため、BTCをトレードする場合にはオリジナルのBTCとほぼ同じ価格で交換することが可能になります。このように、多くのデジタル資源はバイナンスチェーン上に移すことができます。

バイナンススマートチェーン(BSC)では、別々に存在している資産をブロックチェーンのネットワーク上に作られる金融のエコシステムで使うことができます。

例えば、BEP-20トークンを交換するためのパンケーキスワップのようなアプリケーションによって、貸付サービスをトラストレスに行うことができますし、仮想通貨を交換する際の手数料を元に収益を得ることも、提案に対しての投票も可能です。バーガースワップベイカリースワップも同じようなプロジェクトです。

 

まとめ

  • バイナンススマートチェーンの特徴
    • スマートコントラクト機能とイーサリアム仮想マシン(EVM)との互換性に特化
    • 独立したブロックチェーン
    • バイナンスチェーンがオフラインになったとしても稼働できる
  • システムの規模の変化に対応するためのブロックチェーンとして、バイナンススマートチェーンが開発された
  • コンセンサス
    • バリデーターになるには参加者はバイナンスコイン(BNB)を保有すること
    • バリデーターは有効なブロック提案した場合、取引手数料を受け取れる
    • BNBは通貨の価値が下がらない
    • ブロック報酬としてBNBが新しく発行されることはない
    • バイナンスチームは定期的にBNB発行枚数を減らしている
  • クロスチェーン対応
    • バイナンススマートチェーンは、1つのブロックチェーンから別のブロックチェーンにスムーズに資産を移すことができる
    • バイナンスチェーンウォレットを使うことで、あるチェーンから別のチェーンへトークンの移動がシンプルに行える
    • ユーザーは、取引所を通すことなく別の種類の仮想通貨を簡単に交換できる
  • バイナンススマートチェーンでは、別々に存在している資産をブロックチェーンのネットワーク上に作られる金融のエコシステムで使うことができる
  • 仮想通貨を交換する際の手数料を元に収益を得ることも、提案に対しての投票も可能

 

バイナンススマートチェーン(BSC)は既存のバイナンスチェーンの機能に加え、分散型アプリケーションを開発するための環境を備えたブロックチェーンです。分散型アプリケーションの開発者にとっては、イーサリアム仮想マシン(EVM)との互換性により理想的なものとなっています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる