10SET(TENSET)を購入すれば、数百倍の利益も出せる可能性があるトークン

10SET(tenset)を購入できれば、将来的に数十倍、数百倍の利益を生み出すことも可能です。

次々に大手取引所への上場も果たしており、価格の高騰への期待は日に日に高まっています。

とはいっても、

  • 10SETって本当に高騰するの?
  • 10SETをどこで購入すればよいの?

といった、詳細の情報がまだ少なく実際に購入をするかを迷っていませんか?

今回の記事では、10SETの詳細の情報について、

  • 10SET(TENSET)とは?
  • 10SETの購入方法
  • 10SETの将来性

の順にて、10SETの高騰する可能性から実際に購入できる取引所に関してまでを完全解説いたします。

10SETを購入するかどうか、どこで購入すればよいのかが不明な人でも、10SETの将来性を実感できる状態になりますので是非最後までご覧ください!

目次

10SET(TENSET)とは?

10SETはTENSETが提供している仮想通貨で、持っているだけで何倍も稼げる点から注目されている通貨になります。

稼げるといわれている具体的な部分に関して、

  • TENSET/テンセット
  • UNISWAP/ユニスワップ

上記2点から解説いたします。

TENSET/テンセット

TENSET/テンセットは、2021年の2月にポーランド人のグループによって開発された、まだ新しいプロジェクトになります。

イーサリアム上にあるプロジェクトとなり、3つの特徴があります。

  • ステーキング
  • デフレ
  • スマートバッキング

・ステーキング

TENSET/テンセットで発行された10SETは、TENSETが色々な投資や株式にて運用されます。

運用で得た利益を10SET保有者に分配する仕組みとなります。

・デフレ

10SETは2億1千万枚と事前に発行枚数が定められており、10SETで取引をした場合には手数料が2%かかります。

TENSETはその2%の手数料のうち50%を消滅させ、残りの50%を10SET保有者に分配しする仕組みとなっています。

手数料の消滅、分配の仕組みは発行数が210万枚になるまで継続されるため、将来的には10SETを売る人が減少し価格の上昇が見込めます。

・スマートバッキング

TENSETが色々な投資や株式にて運用をし、そこで得た利益は10SET保有者に分配するだけでなく、10SETの買い戻しにも使われます。

スマートバッキングによっても、意図的に供給量を減らすことができ、将来的な価格上昇に繋がります。

UNISWAP/ユニスワップ

10SETはDEX(分散型取引所)であるUNISWAPに上場したことからも注目をされています。

DEX(分散型取引所)とは

分散型取引所とは、英語表記では「DEX(Decentralized Exchange)」と言い、管理者がいない仮想通貨取引所のことです。
運営会社=管理者がいない取引所のため、仮想通貨を売買したい人たち自身が秘密鍵の管理やアドレスを用いて直接取引することになります。

引用:CRYPTO MEDIA

BINANCEやコインチェックなどのCEX(集権型取引所)よりも取引量が多いことから、仮想通貨が流通しており珍しい通貨の取引も行えます。

将来性の期待できる取引所への上場は、10SET自身の将来性をも期待できることを示しています。

10SETの購入方法

現状、10SETを国内で扱っている取引所はありませんので、海外の取引所を使用する必要があります。

10SETを取引できる、おすすめの国外取引所は3種類あります。

  • UNISWAP/ユニスワップ
  • Gate.io/ゲート
  • MXC Exchange/エムエックスシー

各々解説いたします。

UNISWAP/ユニスワップ

UNISWAP/ユニスワップはDEX(分散型取引所)の取引所になります。

通常のDEXのデメリットとして、取引する人の数が少なく、取引成立がしないこともある点が挙げられます。

しかし、UNISWAPであれば通常のDEXだけでなく、BINANCEやコインチェックなどのCEX(集権型取引所)よりも取引量が多い点がメリットになります。

取引量が多くなれば取引も成立しやすく、沢山の仮想通貨の流通から、新しい種類の通貨も取引が可能になります。

また、UNISWAPで取引を行うにはイーサリアムウォレットが必要になります。

イーサリアムウォレットであれば、(MetaMask)(Fortmatic)(Portis)(WalletConnect)(Coinbase Wallet)のいづれかで問題ありません。

UNISWAP/ユニスワップ公式ホームページ

Gate.io/ゲート

Gate.io/ゲートは「Gate Technology Inc」が運営する、取り扱いの通貨種類が340種類以上の中国の取引所になります。

仮想通貨の現物のみの取引となりますが、操作方法もシンプルで簡単に登録することができます。

また、公式のスマホ対応のアプリがありますので、お手軽に取引を行えるのは大きなメリットになります。

Gate.io/ゲート公式ホームページ

MXC Exchange/エムエックスシー

MXC Exchange/エムエックスシーは現物、先物、ETF、DeFiなど幅広い取引の種類を扱っている中国の取引所になります。

日本語に対応していることから、評判も良く人気のある取引所です。

デメリットとして、取引時の手数料が高い傾向があります。

しかし、MX(MXC Exchangeが提供している独自トークン)を保有することで配当を受け取ることができるので、手数料分を補うことも可能となります。

MXC Exchange/エムエックスシー公式ホームページ

10SETの将来性

結論から言うと、10SETの将来性は十分にあります。

なぜ将来性があるのかについては、

  • イーサリアム上で作られたプロジェクト
  • 希少性のあるプロジェクト
  • 高騰する可能性が高い

上記の3点から解説します。

イーサリアム上で作られたプロジェクト

イーサリアム上で作られたプロジェクトであれば、スマートコントラクト等の仕組みが特徴となります。

スマートコントラクトによって、透明性のより高い取引が可能となるのも安心できるポイントです。

希少性のあるプロジェクト

10SETは軸として、ステーキング・デフレ・スマートバッキングの3つの仕組みがあります。

3つの仕組みによって取引手数料の50%を消滅させることや運営が年4回の買い戻しから、将来的には210万枚まで発行数を減らしていきます。

発行数が減ることで通貨の希少性が上がり、結果的に価格の上昇が見込めます。

高騰する可能性が高い

今後大手の取引所への上場可能性が十分にあり、その際の価格の高騰が期待されます。

また、TENSETが掲げている2021年の開発スケジュールとして、VISAとの統合テストやモバイルアプリのリリースなどがあります。

より注目を集めていく可能性、機関投資家の参入などからも価格の高騰は考えられ、将来性は大いにあると判断できます。

まとめ

今後の価格の高騰が見込める10SETについて、

  • 10SET(TENSET)とは?
  • 10SETの購入方法
  • 10SETの将来性

の順にて解説いたしました。

プロジェクトの内容や今後の開発スケジュールが明確化されており、様々な取引所の上場を次々に果たしております。

かなりのスピード感をもって成長している通貨になりますので、早めに購入することができれば数百倍の利益を生み出すことも可能です。

これから購入したとしても、将来性は大いにある通貨ですので是非チェックしてみてください!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる